”天空の城”「竹田城」(兵庫県朝来市)

今日は、一昨日、雷雨でダメになった「ホオジロハクセキレイ」(ライファー)のリベンジに。
まず、第1ポイントへ。居ない。
第2ポイントへ。やはり居ない。しばらく、椅子に座り、待機。現れず。
また、第1ポイントへ。
来ていました。とりあえず、デジ一眼で撮影。
ところが、ピント位置がおかしい。
それでも、なんとか”ライファー”Get。
以降、約4時間で、3回出現(内、1回は、瞬間)
人の往来が頻繁で、撮影時間は”極めて短時間(秒単位)”。
一応、デジスコでも撮影。
撮影枚数は少なく、ピントは・・・???

「ホオジロハクセキレ」を撮ったつもりですが、初見ですので、も一つ自信がなく・・・

「ホオジロハクセキレイ」が、居なくなると、その付近をぐるぐる回り、
「アオサギ」(餌Get中)、
「ハクセキレイ」
「コチドリ」(2羽)
「ホオジロ」(結構、綺麗に撮れました)
「ツバメ」(巣立ち直後の幼鳥に親鳥が餌渡し:画像Get)
「イワツバメ」(飛翔撮影失敗):初見
「オオジュリン」(すべて白い空抜け、残念)
「スズメ」(カーブミラーに止まる)
「ササゴイ」(なかなか良い所に止まってくれず)
「イソヒヨドリ♂♀」(マンションなど窓の多い建物に止まるので、撮影はせず)
を、見たり撮影したり。

今日の行動範囲は、極めて狭かったですが、結構楽しめました。
水筒の水がなくなり、撤収。

今日の画像は、昨日の”竹田城”の景色です。
花や蝶も撮りましたが、石垣中心の風景をUPしました。
”天空の城”「竹田城」、素晴らしかったです。
平城では、大好きな大阪城はじめ、姫路城、松本城、犬山城・・・等々
素晴らしい城がありますが、山城がこんなに素晴らしいとは・・・。
400年以上経っても、崩れも少ない。
当時の技量の高さが分かります。

この画像で、雰囲気が伝わればいいのですが・・・。

* この画像は、デジ一眼とコンデジで撮影。

* 画像


DSCN0797(竹田城)(B)

DSCN0800(竹田城)(B)

DSCN0801(竹田城)(B)

DSC_0011(竹田城)(B)

DSCN0805(竹田城)(B)_edited-1

DSCN0808(竹田城)(B)

DSC_0022(竹田城)(B)

DSCN0813(竹田城)(B)

DSCN0814(竹田城)(B)

DSCN0816(竹田城)(B)

DSCN0817(竹田城)(B)

DSCN0822(竹田城)(B)

DSCN0823(竹田城)(B)
[ 2012/05/31 19:28 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

今季、最後(?)の干潟:「トウネン」と「マガモかアヒルの家族」

今日は、但馬の”天空の城”竹田城(兵庫県朝来市)へ。
今冬、豊岡へ「コウノトリ」他へ連れて行っていただいた時、
鳥友から教えていただき、興味がわきました。

素晴らしい、山城。
流石、国史跡指定。
建設後、400年以上立ちますのに、こんなにすごい山城と石垣を見たことがありません。
本当に”天空の城”。
1級の芸術品。
山の上ですので、観光客も少なく、寂しいと思っていましたが、
なんのなんのたくさんの観光客。
ここでは、史跡の上の樹に「ツバメ」の幼鳥が6羽。
親が餌を与える微笑ましい姿をGet。

その後、”森の公園”へ、「サンコウチョウ」や少し期待を込めて「アカショウビン」を
探しに。
「サンコウチョウ」は、♂♀を視認。しかし、撮影は失敗。
「アカショウビン」は、全く、声も聞こえず。

帰りに、「アオバズク」の大木に。
可愛い表情が撮れました。

19:00前、帰宅。
ただ、当初の1.5時間遅れが、最後に響き、鳥見の時間が少なくなりました。

今日の鳥は、「トウネン」と「マガモかアヒルの家族」です。
先日、干潟で撮影。

* この画像は、デジスコとデジ一眼で撮影

* 画像


トウネン
DSC06999 - コピー(トウネン)(B)

DSC07008 - コピー(トウネン)(B)

DSC07022 - コピー(トウネン)(B)

DSC07027 - コピー(トウネン)(B)

マガモ」か「アヒル」の家族

DSC_0104 - コピー(マガモ親子)(B)

DSC_0094 - コピー(マガモ親子)(B)
[ 2012/05/30 21:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

近所の増水後の河川敷で

今日は、「ホオジロハクセキレイ」(未見)を目的に、
河川敷へ。
所定のポイントらしき所に「ハクセキレイ」が数羽。
その中にはいない。
ポイントが間違っている可能性があり、鳥友に電話を。
約200m違っていました。
そこに、どうも初めて見つけたらしいカメラマンが。
その方に、ピンポイントで教えていただき、そのポイントへ。
そこで、少し待機
ほどなく、そのカメラマンが、”違うよ!、と。。
また、約20m違いました。
そこで、少し待っていますと、”カミナリ”。
即、帰り支度。
が、駅まで高い建物がなく、急ぎ足で・・・。
帰路、「イワツバメ」(未見)、「ササゴイ」のポイントを確認。
近々、リベンジに行く予定ですが、現地の方に聞きますと、
「ホオジロハクセキレイ」は、雛が巣立ちした可能性もあるので、今後はわからない、とのこと。
鳥友ならびに現地のカメラマンさんに感謝です。

帰る途中の電車の窓から、激しい雨と稲光が。
ところが、自宅近くの駅まで帰ると、”晴れ”。
途中下車して”雨後のキジ”を探しに行こうとも思いましたが、
次の雷雨の可能性もあり、止め。

自宅へ、帰りますと、”また”玄関のカギがない・・・。
外出中の妻に電話。
ここでも”カミナリ”。
外出した直後らしく、10数分で帰って来てくれました。

昼食後、近くの河川敷に探鳥に。
成果が、下記画像です。

この画像を編集していますと、また、第2陣の雷雨。
「キジ」で途中下車しなくてよかったです。

* この画像は、すべてデジ一眼です。

* 画像

* 増水の状況
DSC_0110 - コピー(ご近所)(B)

* 「カルガモ」親子発見:雛8羽
   (川の対岸から・・・約30m離れ、草に隠れながら低い姿勢で撮影)
   この雛たち、無事に大きくなってくれることを。
   ここでは、3年ぶりの繁殖です。
DSC_0009(近所)(B)

DSC_0020 - コピー(ご近所)(B)

* すぐ近くに、”天敵”の「アオサギ」
DSC_0034 - コピー(ご近所)(B)

* 傍では、「スズメ」が水浴びと餌を
DSC_0055 - コピー(ご近所)(B)

DSC_0065 - コピー(ご近所)(B)

* そして「ツバメ」がスーツ、と
DSC_0061 - コピー(ご近所)(B)

* すると、後ろを「バン」の夫婦(?)
   --近々、雛の可能性も。すると3年ぶりです。
DSC_0029 - コピー(ご近所)(B)

* 「カルガモ」の天敵:「アオサギ」と「カラス」のバトル
DSC_0082 - コピー(ご近所)(B)

DSC_0093 - コピー(ご近所)(B)

DSC_0097 - コピー(ご近所)(B)

* 「カラス」が追跡
DSC_0098 - コピー(ご近所)(B)

DSC_0101 - コピー(ご近所)(B)

* 「コサギ」は悠々と

DSC_0112 - コピー(ご近所)(B)
[ 2012/05/29 16:55 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

お馴染みの:「ハヤブサ」


今日は、昨日の懇親会他で、食べ過ぎ・飲みすぎのため、
”休養日”。

昨日は、「第9回デジスコ展」の”入門セミナー”と”懇親会”へ。
12:00前に出発。帰宅が、22:40頃。

13:00~14:00過ぎ。
入門セミナーは、デジスコ界の第一人者たーぼ♪さんに質問できるいい機会、と毎年(3回目)出席。
鳥友Nさん、鳥友T(女性)さんとも。
夕方の懇親会には、欠席の予定でしたが、鳥友(Tさん:女性)とお話をしていて、参加することに。
が、18:30からですから、約4時間以上待ち時間が。
どう過ごそうかか、と・・・。
まず、「ヨドバシカメラ」へ。
新機種のデジスコ用コンデジを見学。
担当者に説明を受け、カタログを。

次に、行ったことがないJR大阪駅の「ルクア」。
どんな所かと、エスカレーターで上へ。
景色を眺めると、若い人ばかり。特に女性が多く。
私は”場違い”の感じ。
上の階の書店へ。

次に、隣の百貨店「三越伊勢丹」へ。
入るとすぐ「春の院展」の案内。
入場料:800円。
先日の、”白日展”とは違ったタッチの”大作”ばかり。
いろいろな描き方があるものです。
美術的センスは全くありませんが、やはり”一流”は良いです。

徐々に、腹が減ってきましたので、”堂島地下街”へ。
以前とは、違っていました。目的の店がありません。
それに、日曜日であり閉店ばかり。
やっと入って、ビールと食事。意外に高い。

18:30からの”懇親j会”へ。
大阪の鳥友、長崎県から、三重県から、兵庫県から、約20名。
会話が弾み、和気あいあい、と時間を忘れ。

終了後、兵庫の鳥友、それにご近所の鳥友Jさん計3人と軽く食事に、と。
また、日曜日で閉店ばかり。
やっと、うどんやさんへ。
引き続き、おしゃべり。

結局、帰宅は22:40頃。
飲みすぎに食べ過ぎ。
今日は、疲れまして、鳥見は中止!

今日の鳥は、「ハヤブサ」です。
--飛翔を結構、撮りましたが、露出補正間違いで、
  翼が黒く、失敗でした。
  リベンジに行きたいのですが、駐車場代が高い。

* この画像は、
  飛翔は、デジ一眼で。
  静止(雛)は、デジスコで撮影。

* 画像
DSC_0102 - コピー(ハヤブサ)(B)

DSC_0201 - コピー(ハヤブサ)(B)

DSC_0145 - コピー(ハヤブサ)(B)

DSC_0204 - コピー(ハヤブサ)(B)

DSC_0206ハヤブサ)(B)

DSC_0217(ハヤブサ)(B)

”雛”--今年は、1羽。
DSC00131 - コピー(ハヤブサ)(B)

DSC00084 - コピー(ハヤブサ)(B)

* 大収穫(???)の「アカスズメフクロウ」。  
    --”ライファー”です。(笑)
   --公園散策の若いご夫妻が飼っておられます。
      非常に愛らしい鳥です。
   
   生息:中南米
   大きさ:「ムクドリ」位。世界で、最小らしい。
   価格:200,000円位
   寿命:13年位

DSC_0180(アカスズメフクロウ?)(B)

DSC_0167(アカスズメフクロ)(B)
[ 2012/05/28 10:50 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

またまた、河口干潟で:「ムナグロ」

今日、起床して窓の外を見ると、”青い空”。
”白い空”であれば、中止にしていましたが、
予定通り、「ハヤブサ」ポイントへ。

いつものごとく、カメラマン:約20名。ほとんどが大きいカメラ。
1羽が遠くの鉄塔に。
余裕があるかな、とゆっくり、デジスコとデジ一眼を準備。
すると、準備も終わらぬ時に、”来たー”と。
上空を旋回。
ところが、画像確認しますと、なにかおかしい。
レンズの設定を間違っている感じ。三脚使用になっている。
加えて、露出補正が・・・。

それから、えんえんと待ち時間。
1羽が、頂上の枝付近に止まったまま、動きません。
その時、やっと、”雛”が見えるところに。
デジスコの出番ですが、奈何せん遠い・・・。
一応、撮影。ピンボケ量産。
「ハヤブサ」の雛を見るのは初めて。
かなり大きくなっているのか”パンダ模様”。
今年は、たった1羽。
無事に育ってくれることを祈るばかりです。

その後は、親が、餌を運んでくるのが2~3回。
すべて失敗!
画像をPCにいれ、確認しますと、危惧していたように
露出補正もおかしい。
約1年ぶりで、設定を忘れていたようです。

飛んでくるのを待っている間に、人だかり・・・。
なんと”珍鳥(猛禽)”。私はライファー。
すぐ近くでGet。
皆さん、デジ一眼や携帯電話で撮影。
今日、最大の収穫・・・???(笑)
明日以降に、UPします。

今日の鳥は、「ダイゼン」です。
先日、河口干潟で撮影。

* この画像は、すべてデジスコです。

* 画像

DSC06104 - コピー(ダイゼン)(B)

DSC06090 - コピー(ダイゼン)(B)

DSC06099 - コピー(ダイゼン)(B)

DSC06103 - コピー(ダイゼン)(B)

DSC06106 - コピー(ダイゼン)(B)
[ 2012/05/26 19:45 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

この時は、賑わっていました河口干潟(ABA)

日は、”雨”=休養日、の予定でしたが、
午後は、少しましに。
そこで、”小雨決行”で、いつもの”ウオーキング”:約30分。
雨も気にならず、気持ち良い汗をかきました。

今日は、2年に1回の”車検”(昨夜から預けていますが)。
自賠責保険、重量税はじめ、10年を越えますと、いろいろな部品の取り換えが。
ブレーキパッド、エンジンオイル他各種オイル、各種フィルター、エアコンのガス等々・・・。
結構高くつきます。

今日の鳥は、先日、河口干潟(ABA)で出会った鳥です。
この時は、結構、賑わいましたが、今は、寂しくなったようです。

* この画像は、
   野鳥は、すべてデジスコで撮影。
   ”ナデシコ”は、コンデジで撮影。

* 画像
DSC06237 - コピー(コアジサシ)(B)

DSC06238 - コピー(コアジサシ)(B)

DSC06267 - コピー(ハマシギ)(B)

DSC06271 - コピー(ハマシギ)(B)

DSC06279 - コピー(キアシシギ)(B)

DSC06355 - コピー(メダイチドリ)(B)

DSC06360 - コピー(メダイチドリ)(B)

* ”ナデシコ”:自宅玄関前で撮影
   --昨日、ご近所さんからいただきました。
      ご自身で育てられたようです

DSCN0785(ナデシコ)(B)
[ 2012/05/25 14:40 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

昨日、三重の海の成果:”潮干狩り”+鳥見

今日は、午前中、いつものウオーキング:約35分、と、犬の散歩:約20分。
午後、今日が初日の「第9回デジスコ写真展」へ。
バストアップ、引き絵、光をうまく表現された作品・・・、大いに勉強になりました。
私の師匠の宮崎のUさん、ご近所のJさん他、私がいつもアドバイスをいただいている掲示板の皆さん、
いつも勉強させていただいています豊中のTさん、隣市の鳥友T(女性)さん、宮城のブログ友Bさん、三重のE(女性)さん、伊丹(?)のMさんご夫妻ほか
私が存じ上げています方々がたくさん入選(出展)されていました。

昨日は、三重の海へ、潮干狩り 兼 鳥見・撮影。
高速道路利用をしたものの、延々と工事。
1車線が通行禁止に。
通常、約2時間が、約3時間。
少し早めにでたのが、良かった。

当日の干潮時刻は、13:15頃。
まず、田園をぐるぐる回りましたが、水田に「チュウシャクシギ」1羽、「ケリ」が2羽。

いつもの、”池”に行きますと、なにも居ない。
少し移動しますと、たくさんの鳥が・・・。
車で近くまで行きますと、「キアシシギ」の群れ。約30羽。

そこに、異なる鳥が、1羽。
図鑑を見ますと、”嘴が少し反っている感じ”で
「ソリハシシギ」のような感じもしますが、
近くにいた「キアシシギ」に比べ、かなり大きく、
「アオアシシギ」のような感じも。

潮が引き、海に入れる感じ。
地元の皆さんが、20人位、待機。
遠くの干潟では、たくさん方が入っておられます。
鮎釣りに使っていた”胸までのゴム長”を着用。
熊手で、掻きます。
がりがり、と・・・。貝です。”アサリ”が。
2Cm以下は採ってはいけないことになっていますので、
目測で、小さい貝は放します。
約1.5時間。
貝は足が早いので、たくさん採りすぎても、食べることができませんので、ほどほどに。
久しぶりの”潮干狩り”を楽しみました。
昨夜、泥抜きを。
朝食にいただきましたが、市販のアサリに比べても、意外に大きく、身も大きく、
結構おいしかったです。
夕食のおかずに、再度、「アサリ」。
貝毒の情報はありませんでしたが、貝は足が早く、品質に自信がありませんので、お裾わけができなく・・・。
シーズンにこのフィールドへ行く時は、潮干狩りの道具と服装持参が必須。

その後、少し移動し、大好きな綺麗な海岸へ。
やはり、鳥がいなく、寂しい。
その中で、遠くに「キョウジョシギ」が1羽。
もっと遠くに、「カワウ」の群れ。その中に、「カモメ」の仲間の”幼鳥”が数羽。
河口干潟に、「キアシシギ」が数羽。
「ミサゴ」を待っているカメラマンがおられましたが、”ダメ”とのこと。

また、少し移動し、「アジサシ」ポイントへ。
しかし、撮影はしましたが、写っていたのは「コアジサシ」。
上空を、「ケリ」が・・・。

帰路は、渋滞懸念の高速道路を避け、最高時速60kmの”一般道”を利用。
結構スムースに。

昨日は、「アサリ」の成果があり、
鳥果は少なかったものの、膝の調子も良く、楽しい一日でした。
少し疲れましたが。

* この画像は、デジスコとデジ一眼とコンデジで撮影

* 画像
DSCN0774(潮干狩り)(B)_edited-1

DSC00062 - コピー(アサリ)(B)

DSC09902 - コピー(キアシシギ)(B)

DSC00007 - コピー(キアシシギ)(B)

* 嘴の反り具合から「ソリハシシギ」の感じもしますが、
  近くの「キアシシギ」に比べ、かなり大きく「アオアシシギ」のような感じも。
  私には、判別不可ですが、「アオアシシギ」の可能性が大きく

DSC09941 - コピー(ソリハシシギ??)(B)

DSC09963 - コピー(ソリハシシギ)??)(B)

DSC00039 - コピー(キョウジョシギ)(B)

DSC_0036 - コピー(コアジサシ)(B)

DSC_0046 - コピー(カモメ??)(B)

DSC_0102 - コピー(ケリ)(B)
[ 2012/05/24 17:15 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

飛翔!:「コアジサシ」「ミサゴ」

今日は、三重県の大好きな海浜へ。
潮干狩り兼鳥見・撮影。
潮干狩りは、良い成果・・・???。
が、貝毒の心配。
なにか軽い・・・中身は???
明日、娘家族が来ますが、まず、私たちが食べてから。

鳥見は、ほぼ全滅。
高速は、工事で渋滞。
疲れましたが、でも、楽しかった。
結果は、明日以降に・・・。

今日の鳥は、「コアジサシ」と「ミサゴ」。
河口干潟と海浜で撮影。

* この画像は、すべてデジ一眼です。

* 画像

DSC_0129 - コピー(コアジサシ)(B)

DSC_0131 - コピー(コアジサシ)(B)

DSC_0138 - コピー(コアジサシ)(B)

DSC_0174 - コピー(コアジサシ)(B)

DSC_0005 - コピー(ミサゴ)(B)

DSC_0013 - コピー(ミサゴ)(B)

DSC_0023 - コピー(ミサゴ)(B)


[ 2012/05/23 19:55 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

海浜干潟で:「キョウジョシギ」(初の夏羽)

今日は、テニスに行く予定でしたが、
膝の調子が心配で、結局、休養日。
朝、いつもの”ウオーキング”:約35分と犬の散歩:約20分。
良い汗をかきました。

ご近所さんや、犬の散歩の方と良く出会い、その都度、お喋りを。
”肺がん”を患っているご近所の”わんちゃん”。
一時は、かなり弱っていましたが、最近は、食事や排便も少しは楽に。
それに、”真っ白なビーグル”。12歳とのことで、白髪で、ロマンスグレーのようで綺麗。
スマートで可愛い。

今日、やっと本を1冊読み終える。
書籍名:「仲達」
著者:塚本青史氏
発行:角川書店

いわゆる「三国志」の時代の後、魏・呉・蜀がどのようになったのか
興味を持っていたため、歴史”小説”とはいえ、その概略が垣間見えた感じ。

今日の鳥は、「キョウジョシギ」です。
今冬、冬羽を見ましたが、夏羽は初めて。
非常に細かく、早く動きますので、非常に撮り辛く。
たくさん撮りましたが、歩留まりは非常に悪く。

* この画像は、すべてデジスコです。

* 画像

DSC06802 - コピー(キョウジョシギ)(B)

DSC06822 - コピー(キョウジョシギ)(B)

DSC06828 - コピー(キョウジョシギ)(B)

DSC06884 - コピー(キョウジョシギ)(B)

DSC06901 - コピー(キョウジョシギ)(B)_edited-1

DSC06944 - コピー(キョウジョシギ)(B)

DSC06952 - コピー(キョウジョシギ)(B)

DSC06955 - コピー(キョウジョシギ)(B)_edited-1
[ 2012/05/22 12:44 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

”金環の眼”:「アオバズク」

今日は、”金環日食”。
朝、7:00頃から、玄関先で、昨日購入した”メガネ”で見る。
7:30前に”金環”が完成。
感動的なシーン。
その折、少し寒くなり、風が吹く。
ビルの屋上で撮影する方、河川敷の階段に座って、あるいは、通勤途上の方・・・。
皆さん、世紀のショーを楽しまれたようです。

”金環日食”見てから、しばらくして、鳥見に。
主な目的は、”金環の眼”をした「アオバズク」。
いつもの樹に、1羽が、静かに佇んでいました。
目を瞑っていることが多かったのですが、時々、目を見開き、こちらを睨むような。

* この画像は、すべてデジスコで撮影

* 画像

DSC07417 - コピー(アオバズク)(B)_edited-1

DSC07222 - コピー(アオバズク)(B-2)_edited-1

DSC07299 - コピー(アオバズク)(B-2)_edited-1


[ 2012/05/21 19:48 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)