池のある公園で:「ミヤマホオジロ」「ヨシガモ」

今日は、”休養日”。
昨日からの雨が続き・・・。

小止みになった時に、まず(あずき)散歩:約25分。
”ふくらはぎの肉離れ”の調子を見る。
少し痛みはありますが、なんとか歩くのには支障がなく。

続いて、久しぶりのウオーキング:約35分。
途中、”みぞれ”がきつくなり・・・。
それでも、鳥見を:
今日は、いつもの狭い川が賑わっていました。
「カワセミ」が、いつもの樹に止まり。
「マガモ」が、♂1羽♀2羽のトリオ、と♂♀各1羽のペアー。
常連さんです。
そこに、いつもの♂1羽がトリオに、近づき、いつもの通り追い払われ・・。
50m位追跡をうけています。
懲りない♂です。
いつもの「カルガモ」が、5羽。
「ハクセキレイ」2羽がホバリング。
「アオサギ」が存在感を示し。

お昼に、先日、山陰で撮影しました「足環のないコウノトリ」の元の生息地を
教えてもらおうと、”コウノトリの郷公園”へ電話を。
すでに知っておられると思っていましたが、
逆に、撮影場所を連絡し、画像をメールすることに。
役に立てれば、と。

<また、余談>
(あずき)の状態
散歩時は、元気で、尻尾を立てて歩きます。
散歩大好きで、”散歩”と言いましたら、喜んでついてきます。
が、家に入った途端、尻尾を下げてしまいます。
尻尾を下げた時は、怖い、痛い等調子が悪い時の合図。
この状態が、約1カ月続いています。
大好きだった”パン””ボーロ””キシリトール””お菓子”は全く食べません。
眼の前に置いても、口に持って行っても食べません。
もちろん、”普通の”ドッグフードは食べません。
で、いつも、薬をパンに混ぜて与えていましたが、これも難しくなり・・・。

振り返って見ますと、通院が重なり、眼底検査・眼圧検査やそれに付随する検査。
加えて、麻酔をし、CT検査、注射、細胞診検体抽出・・・。
(あずき)には理解できない、苦痛だと思われることの連続。
今の状態になったのは、この時期に重なります。
今の(あずき)は、人間不信、私たちへの不信、となってきているのではないかと思います。

最近は、妻が、温野菜や潰したり、柔らかくしたドッグフードなど、いろいろ工夫し、なんとか”完食”するようになってきました。
なんとか(あずき)が、今まで通り、自宅内でも”尻尾”が立つ状態になるようしていきたいと考えています。
ただ、いつも、私たち、特に妻の傍にいるのが救いです。
私が触りますと”ウー”と唸るのは、今までと変わりません。

今日の鳥は、「ミヤマホオジロ」と「ヨシガモ」です。
「ミヤマホオジロ」は、
2年ぶりです。

* この画像は、すべてデジスコで撮影

* 画像
<「ミヤマホオジロ」>
DSC07159 - コピー(ミヤマ)(B)_edited-1

DSC07179 - コピー(ミヤマ)(B)

DSC07099 - コピー(ミヤマ)(B)

DSC07244 - コピー(ミヤマ)(B)

<「ヨシガモ」>
薄曇り、水面反射で逆光状態。リベンジしたい

DSC07279 - コピー(ヨシガモ)(B)

DSC07358 - コピー(ヨシガモ)(B)
[ 2013/02/19 12:31 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ayufs.blog98.fc2.com/tb.php/620-a60fb7a8