久々の更新です。現状について:「コチドリ」(幼鳥)

皆さま、お久しぶりです。
更新を休止しまして、ちょうど1カ月になりました。
(撮影を休止して、約50日)
鳥友およびブログ友からはお見舞いや激励のお電話、メール、コメント等をいただきありがたく感謝しています。

<状況>
この間、ほぼ毎日の”ウオーキング”(約35分)で外出する以外、
ほとんど自宅で”静養”で・・・。
外出しましたのは、
大阪城公園へ鳥見2回。
1回目、妻と一緒に休憩しつつ、ゆっくり歩きましたが、帰途、妻が、体調が悪くなり、
しばらく休みましたが、ますます悪くなり、止むを得ず、
地下鉄の駅で救急車のお世話になり、最寄りの病院に連れて行っていただきました。
救急隊員、地下鉄の駅員ならびに救急病院の皆さまに親切にしていただき、本当に助かりました。

2回目は、当病院へ精算とお礼方々行った折、ついでに大阪城公園を一巡り。
鳥友と雑談をしながら、楽しく過ごしました。

それに、妻と映画に2回。
”柘榴坂の仇討”と”蜩の記”。
鳥見・撮影に夢中になっている時は、映画に行く機会は少なかったですが、
久しぶりに堪能しました。

それに、お彼岸を過ぎましたが墓参とついでに買い物に。
車のバッテリーが上がっていないか心配でしたがなんとか・・・。

結局、撮影を休止して約50日で、ウオーキング以外で外出は、5回です。
鳥見・撮影に行っている時には考えられない行動頻度ですが、
ゆっくりゆっくり休養しています。

<最近の病状>
なんとか、視力は、1.0位(矯正)が続いており、
医師からは、症状は”改善の兆し”と。
ただ、私には、眼底画像を見せていただきましても、もひとつ分からず。
医師からは、”元にもどならなければ良いが”、と・・・。
一応、普通の生活、車の運転はOK。
ただ、カメラワークは、禁止と。
疲れないようにとのアドバイスも。
医師のアドバイスを守りつつ、焦らず、ムリせず、ゆっくりして行きたいと思っています。

近所のかかりつけの眼科への通院:約1週間に1回
大学病院へは、2~3週間に1回位。
”血をさらさらにする薬”を投薬中。
ただ、この薬は、出血を伴う怪我や手術等の場合は、血が止まりにくいため、要注意とのこと。
従いまして、最近、当病気発病位から、腹痛が頻発しておりますが、腸内視鏡検査は、当薬を1週間休止せねばならず、
眼科医師と良く相談しなければなりません。
ただ、投薬のお陰で少しは和らいできております。

<食事>
鳥友、ブロブ友や医師から、血液をサラサラにする効果がある食事のアドバイスをいただき
ましたので、妻のお陰で、私なりに結構励行しています。
ありがとうございます。
玉ねぎ、納豆、魚、野菜等々のいずれかをほぼ毎食、食べるようにしています。
特に、玉ネギは、淡路産を1ケース購入し、ドレッシングをかけながら”生”で食べています。
ただ、量や頻度が適当かどうかはわかりませんが・・・。

いただきましたアドバイスを基に、インターネットを検索しますと、下記記述がありました。
【血液サラサラにする食品の基本は、「オ・サ・カ・ナ・ス・キ・ヤ・ネ」。
これは、「お茶」「魚」「海藻類」「納豆」「酢」「キノコ類」「野菜」「ネギ類」の頭文字から取ったもの】

<雑感>
この静養中の間、失明・極度の視力低下の不安に苛まれましたが、
医師からの”改善の兆し”とのお話をいただき、少しは不安感も和らいではいます。
ただ、今後、緑内障・黄班変性症の可能性もあり、
急な、血管閉塞の可能性もあり、不安感はかなり残っているのが現状です。
前にも記しましたが、左眼は、中心性網膜炎で視力は0.1位ですので、
今回患いました”網膜中心静脈閉塞症”は右眼ですので、両眼が悪くなってしまいましたので、
眼科医師も非常に気遣っていただいております。
医師の指導に良く従い養生したいと思っております。

この約50日の間、
いままでの71年間と今後について、いろいろ考えました。
やはり”人生は1回限り”を痛感しました。
過去を振り返って見ましても、親孝行や兄妹との関係は良かったのか、
夫婦関係は、あるいは生き方が良かったのか・・・、等々。
今後は、どのような過ごし方が良いのか、眼の不安はじめ体の不安を考えつつ。
先日、大阪城公園へ行きました折、同年代の方が、鳥撮影中に、脳梗塞で倒れられたり、
健康を十二分に考えれれていた知人も病に、と・・・。
また、複数の同年代の方が病に・・・という話も聞きました。
私自身、やはり若い気持ちは気持ちだけ、体は70代の体になっています。
この休養は、当初は気分的に萎え、ウズウズしていましたが、今は、”休養”が楽になっているような感じです。

たった、50日前の元気さはなんだったのか・・・???
自分では疲れていない思っていましても、体は悲鳴を上げていたのかも知れません。
”歳相応”といいましても、その度合いが分かりませんが、あまりムリしないで過ごしたいと思います。
ただ、妻からは”病は気から”と言うこともあるよ、と・・・。

私が、今回の病気になって当初、妻も体調不良になり、
本当に”夫源病”になりましたので、妻に感謝しつつ、あまり負担をかけないようにはしたいと思っているのですが・・・。

これからの人生、どんなことになるやら、どんな、”運命”が待ち受けているのか・・・。
あるいは、前向きに何をすれば、何ができるのか・・・。
一方、”人間万事塞翁が馬”の気持ちなれれば良いのですが。
以前、弁護士さんに法律相談しました時、”あまり次々考えず、事が起こった時に、
対応しましょう”と言われた言葉が、思い出されます。
これからの人生、難しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の鳥は、「コチドリ」(幼鳥)です。
撮影日:8/18(発症前)

* この画像は、すべてデジ一眼で撮影

* 画像

DSC_0801 - コピー(コチドリ)

DSC_0886 - コピー(コチドリ)
[ 2014/10/10 15:17 ] 未分類 | TB(0) | CM(10)

こんにちは
久しぶりにブログを拝見させていただいています。
元気に鳥見されていても、急に中断しなければならないとのこと、私も考えざる得ません。
元気なつもりですが、いつ体調不良になるかも知れず、、、いまは、わがままさせてもらって
海外一人暮らしですが、家族はさびしい思いをしているかも?
鳥見している時は楽しいから、ついついムリしがち。
[ 2014/10/11 13:49 ] [ 編集 ]

こんにちは!

pukupukubird さん

こんにちは!
海外でご活躍なのですね~。
日本では珍しく、未見の「コウライウグイス」など興味深く拝見させていただいております。
私は、公私を問わず、海外には行ったことがなく・・・。
国内でも沖縄、北海道も行ったことがなく・・・(笑)。

71歳になり、今回の眼の病気を契機に”歳”を痛感しました。
今までの元気は”気持ち”だったのでしょう。
恥かしながら、生活習慣の悪さと体力の衰えを今頃気づきました。

単身でおられますと、食事が雑になることもあると思いますので、
くれぐれもお気をつけ頂きたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。
[ 2014/10/11 15:24 ] [ 編集 ]

AYUさんへ

こんにちは~^^

久しぶりのブログ更新
拝見させていただきましたよ!

改善の兆し、良かったですねσ(^○^)
今後も、少しづつ不安要素が減っていくように願っときます。

ナイスなコチドリGetされてますねー
二枚目の、尾羽を見せてくれてるシーン、特にいーですよ

またオシドリ飛来時、連絡いたしますので、のーんびりご夫婦で見に来て下さ~い
Psお身体お大事になさってくださいね
[ 2014/10/12 17:45 ] [ 編集 ]

こんばんは!

Lucky Bird さん

こんばんは!
いつもお気遣いいただきありがとうございます。
お陰さまで、今のところ少し改善しているようなのですが、
いつ元に戻るか、悪化するか心配です。
医師の指示に従い養生しています。

また、「オシドリ」教えてくださいね。
楽しみにしています。
その時までには撮影許可が出れば良いのですが・・・。
[ 2014/10/12 19:30 ] [ 編集 ]

こんばんは。

「改善の兆し」何よりです。

コチドリ可愛いです。
2枚目は伸びでしょうか。
こういうシーンが大好きです。
身近な鳥をキレイに撮ることの大切さがわかります。
[ 2014/10/14 20:49 ] [ 編集 ]

おはようございます。

hopisuke さん

おはようございます。
いつもお気遣いいただきありがとうございます。
”眼”は少し良くなっているようなのですが、
眼の中故、私には実感がなく・・・(笑)。
近々、大学病院へ通院です。
良い方向に行っていれば良いのですが・・・。

「コチドリ」、
車中からの撮影でしたが、幼鳥のようで仕草が可愛かったです。

[ 2014/10/15 09:58 ] [ 編集 ]

回復の兆しという事で何よりです。外に出たり、鳥見も程々にすれば、回復に役立ってるかもしれませんね。
[ 2014/10/18 23:29 ] [ 編集 ]

こんにちは!

MrB さん

こんにちは!
お気遣いいただきありがとうございます。
返信コメントが遅れ申し訳ありません。
朝早くから、孫の運動会に行っていまして・・・。

眼は、一昨日、大学病院に行きまして、
やっと”カメラ撮影OK。ただし、控えめにと”。
今日、早速、孫の運動会で少し撮影してきました・・・。
特に、眼に違和感は感じませんが、なにせ、眼の中のことゆえ、
状況変化はわかりません。
注意したいと思っています。
[ 2014/10/19 15:28 ] [ 編集 ]

ご無沙汰しています。

お身体の方が、少し調子上向きのようで何よりです。
稚ブログへコメントまで頂き恐縮です。
AYUさんの記事を読ませていただくと
これからの自分の生き方も考えさせられます。
これから老いや病とどう付き合っていくのか・・・・
考えなければならないテーマなのですが、つい避けてしまいます。
趣味の野鳥にしても、ガツガツ追いかけるのではなくのんびり行きたいですよね。
AYUさんがおっしゃるように、鳥以外の楽しみにも時間を費やしたいです。
特に我が家は私以外は自然苦手が多いですから。
トイレが無いフィールドで鳥見なんて論外です(苦笑)
とは言え、AYUさんが野鳥完全卒業は寂し過ぎます。
ボチボチ、無理しない程度の復活をお待ちしています。
[ 2014/10/20 14:24 ] [ 編集 ]

こんばんは!

agehamodoki さん

こんばんは!
ご心配いただきありがとうございます。
やっと”カメラ撮影OK”となりましたが、厳しい条件付きで・・・(笑)
外傷と違い、眼の中の症状ですので、自分の行為で悪くなっているのか、
異常がないのか分からず・・・。

カメラ撮影や他の行動ももムリせず、疲れないように自重しなければなりません。
難儀な病気です。

ほとんど”入院生活”と同じような状況ですので、人生等々いろいろ考えてしまいます。
70歳を過ぎますと・・・。
ともかく、”人生1回限り”で、難しいものです。
[ 2014/10/20 19:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ayufs.blog98.fc2.com/tb.php/947-bd7ff941